GTのMTB(マウンテンバイク) PALOMAR(パロマー)オークション購入、納車??開封

GTのMTB PALOMAR(パロマー)オークション購入、納車??開封

中古で安く買ったパロマーを開封する。送料込みで1万円。やすいか高いかは未だ、微妙。見ていると少し憂鬱になる箇所がある。MTBは初めてなので、まあ、分からない。だが、1万円代で買える新品が多い中、いいんだろうか?このチャリも3万から4,5万で買えるものだったので、主に初めの1台という感じらしい。

GT名物のトリプル?トライアングル?フレームは鉄でも健在、ここは楽しみ。って、剛性なんて5cm3気圧タイヤでゆるゆるで消え去るだろうから、無駄と言えば無駄。トルクが掛かりやすければいいけど。激坂で最後の踏ん張りが利くかどうかが確認事項。そこができると、宝に化ける。

マウンテンバイク類型車ですとは書いてない。日本語じゃないし、サスペンション部分に、英語でCOUTIONとある。

ダウンヒル、ダートジャンプ、フリーライドには使うな。とあります。シャフトは1本。動きはカクカク。Vブレーキ。まあ、普通にあんまりやらないだろう。やって、芝生とか、砂利石の道とかを走るくらい。無駄とも言える。

ブレーキはVブレーキで、性能を出すために、硬いシューを使っていたと思われ、リムが激しく消耗。よくあるが、ロックしまくるVブレーキは有る。だが、リムが削れて、ソフトタイプへ変えた。ひどいと、削れる音がして、酷いものがある。これもMTB仕様。

だから、これをソフトに変えたら、それはもうMTBとは言えないんだろう。

後輪だけ消耗したリム。取り替えたか、チャリドリしすぎ??

2012年製、販売時期は13??以降??

3年程度でここまでよくすり減らしたなという状態。タイヤは交換されている。つまりは、タイヤは潰れていた。

激しくぶつけてコスったあとがある。サドルまで破けるとは、チャリから放り出されて、削れた感じだ。普通の乗り方じゃない。。

障害物をクリアしそこねて削れた感じ。

それだけ、乗れるチャリだとも言える。

まあ、ホイールかえてまで乗る?3年でリムが潰れるほど乗る??シューがゲロ硬だったんだろう。これかはソフトシューでいたわる。

後輪ふれてる。どうして?シューあたり。

自走してこなかったか??よほど酷い状態だったか?取り替えたか??

部品劣化は3年雨ざらしのうちにあるチャリの方が錆びて、経年劣化が激しい。屋根ありで保管したとみえる。紫外線は入っている。プラが劣化している。

自転車の開封は心が折れそうになる。通販で買う辛さはそこかもしれない。

梱包はほぼ無いというふれこみだったが、ぷちぷち、ダンボール、ビニールテープ、、、辛い。

これが嫌で辞めそうになる。10枚剥がして、やる気が失せて放置状態となった。

このあとの作業を考えるとやるきがおきない。このまま。寒くて仕方がないという季節がやってきた。トイレへ行くのも面倒になるし、自転車の反対側に移動することさえ億劫になるのがチャリメンテ。

ほんとあまりの手数の多さに、腕を1回動かす回数さえ減らしたいと思うような感覚。。。。ほんと冷え込む、玄関のコンクリが冷たすぎて、トイレいってもすぐにまたいきたくなる。これではじっくり見ていることも出来ない。

さて、

状態は、

  1. リムが後輪がすり減っている?スリップマーク?が見当たらない?前輪と違う?スポークが色つきなしの違いあり。これは参った。QRじゃない。たしかにすり減ってはいる。ふちからみて。じゃあ、センターライン方式だったか、すり減っている完全にアウト、取替じき。これはショック結構なもんだ。高い。送料が高い。ホイールは。中古ショップで買うか?ってそれで電車で往復してじゃ、無駄。実質、これは痛い。リムを直接厚さを測定。後日でOK
  2. タイヤはOK DURO  DIAMOND GRIP 26 2500円くらい。これを買ったと思えばOK?じゃないか、送料がかかっている。
  3. チューブ、中身を確認するしかない。後日でOK
  4. ブレーキシューが1個だけ違う。謎。外して確認。他3つは新品ぽい 後日でOK
  5. ブレーキ自体はPROMAXだが多分、大丈夫。
  6. 2012年製?車体。
  7. フロントギアワイヤーがほつれすぎ 後日でOK
  8. 後輪がふれている。フレ取り必須
  9. タイヤは3気圧程度まで。虫ゴムか。それでもいけるレベルだ 後日でOK
  10. ブレーキ調整。
  11. ギヤ調整
  12. ボルト緩みチェック
  13. フロントサスペンションフォークは、動作OK.抜けなかった。ダウンヒル、ダートジャンプ台、フリースタイルはダメですよって、書いてあった。これがルック車か??本体に書いてないからいいか?片側だけシャフトが入っているので抜け防止あり。水抜きゴムキャップあり。おそらく、両側無いと無理。だっていうんだろうか。とりあえず、引っこ抜けないレベル。値段相応
  14. フレームは溶接ハズレもなく、ハイテンスチールの重量感が凄い。15,6kg、ママちゃりだ。
  15. さてと、何からやるか?? 後日でOK
  16. 鍵ワイヤーをどこからか
  17. ライトをどこからか、
  18. サドルをどこからか?
  19. ペダルは動きそう。後日でOK
  20. 徒歩圏で試乗 遠距離快適性は後日でOK

GTのMTB PALOMAR(パロマー)初期設定、乗車確認

梱包、最低限の安全箇所の調整、乗車確認。

作業時間:2時間 かなりやる気がない状態。

乗車時間:30分

  1. 梱包材の除去
  2. 場所づくり。玄関が激しく狭く感じる。普通は玄関ではやらないほうが精神のため。かなり、やばい。住人が居ない間に作業を終えるべき。その時間とのプレッシャーに負けた。いつもは時間内に住むのだが。玄関に何かをおいていると絶対アウト。出入りもできないので、本当に誰も来ないように徹底しないと危ない。作業をミスる。
  3. 作業は神経を相当すり減らす。まず、安全器具から確認、調整するわけだが、ブレーキだ。ブレーキはかんたんそうで、難しいというか、手間がすごいかかる。リムブレーキだから、リムが触れているとフレ取りから始まるわけだ。さらに、試乗場所が激坂地帯なので、命がけ。ワイヤーも切れることを考えつつ、1つで止まるブレーキを心がける。
  4. 狭いと、左と右に移動するのがものすごくアウト。
  5. 空気を入れる作業をものすごく億劫に感じるくらい、他にやることが多い。
  6. 自転車屋が調整して出したわけだが、こういうざまだ。ブレーキはリムに当たる状態。輸送時に狂ったんだろうか。
  7. 多分、ちゃんとやってる。フロントディレーラーなどの調整は悪いところはぜんぶ、いかないように調整されている。抑制処置-全設定解除-不具合-サイド同じ抑制実施。つまりは、フロント3速あるのに、2速化していて、3速使えるようにしたら、チェーンが外れるから、2速化に戻したという。。。。無駄な手間を体感。
  8. Vブレーキのシュー位置、左右差はほとんど輸送でぶつかり狂うか、まあ、やり直しっていうレベルで前後二個セットアップ。大量作業の合間にこれやると結構、来る。
  9. 自転車屋で新車なんかでも整備士が、数時間かけてセットアップするので、それを考えればあれだなと思う。自転車屋さんがまじで通販の自転車を調整ちゃんとしたら、2,3時間は軽くかかった。という、工賃2万円くらいとかいっていた。2万円あったらもう1台かえるという。。素人はおとなしく、時間をかけてだらだらとやる。
  10. 普通はこういうのは楽しい作業でいつもワクワクするのだが、今回はやる気がダウンしまくった。理由はワイヤーがほつれてひどいもんだった。動作はするが。アウターも割れてるし、これ全交換って思うと、4本でこれがいくらするかって憂鬱だった。また、ほつれた処理がナシで腕に1cmくらいつきささって血だらけ。ほんとうに不快。そういうのがテンションダウンなだろう

乗車確認後、検討事項

  1. 走ってやはり、ディレーラー調整。いつものこと。
  2. 椅子位置調整、角度がうざい。
  3. フロント1速が使えない。=1-1でチェーンラインがずれていて落ちる。フロントで抑える位置にすると、リヤギヤが1と3両方でうまくいかない。リヤホイールが違うから、微妙に位置が変わっているはず。=諦めよう!
  4. 椅子が高いのか低いのか、、サスのせいで、さだまらん。限界高くしておけ
  5. とにかく、重たい。舗装路を10kmくらい走ると、ただの苦行かと思う。ママチャリの方が速い。ただ、惰性走行はママチャリより長い。やっぱ、潜在能力は高い。
  6. 激坂も難なく登れる。フロントサスが力を逃がすんだが、効率はいい自転車みたいで、かなりいい。ダンシングの衝撃をサスがためてくれて、いい感じに登れる。短距離のみだが。
  7. リアシフターが固まってる。ギアUPがかたまる。油さしてみるしかない。
  8. ワイヤーはほんとうに気分が悪い。あと、危ない。人怪我注意=アルミテープを巻く。
  9. ステムが遠い。短いステム買うか?2400円??まじで出費嫌だ=最後に買う?だが、乗車時の不快感に直結する
  10. ライザーハンドル56cm、ながすぎ。短いと近く感じられる。どうせ、ハードトレイルしないしいいか。カットしたいが、鉄、無理。アルミを買うと高い。折れるのは安いが、=切れないし、アルミを買うなら高い、、部屋入れも、ドアノブとぶつからず、まあ、入る。
  11. やたらと、人が進路を塞ぐ時間帯+日暮れとの戦い。どんどん、日が短く、ほんとうに、ただ、急いでるイメージしかチャリメンテにはない。
  12. ディレーラーガードがほしい。=ほしいが、また微妙に出費。ディレーラーの値段を知っているか?転倒よりも車両止に当たることが怖い
  13. チェーンが錆びすぎて気持ち悪い。伸びてるコツコツ感が少しだけする。伸びチェック!
  14. グリップがボロボロ、買うか?400円?でも使えるが。=ハンドルバーと同時
  15. ハブグリスアップ
  16. リヤホイールの消耗度をチェック。=買い替えだとやばい出費。最初にチェックだ。
  17. ボトルケージが欲しい
  18. ブレーキシューが一個だけ違う、硬さは??=リムが削れる音はしなかった。最後にすこしだけフロントが削れる音がした。砂利でもかんだか?外して裏面をチェックすればわかる。
  19. スポークテンション上げ
  20. ディレーラー掃除
  21. 掃除、グラスコーティング
  22. 室内保管、サス、リアディレーラーがMTB用は、ケーブル受けが上を向いていて、雨が入りまくり。。。

という、調整で疲労してへばっていて、狭くてストレスで、試乗ですっきり気分添加したいが、日が暮れてさむいし、人多いし、時間ないし、前傾きつすぎできもちわるいし、走りは重いし、何も気持ちよくない。。。

というのが、感想でした。

ブレーキはよく聞く。オフロードはがんがんいけそう。でも、ないから、わざと道を外れてみる。いいかな?これ?たのしい?って感じ。

クロスカントリーしないとこのMTBチャリは楽しめない!!!

普通はそうだ。ママチャリがかるいし、クロスが楽。だから、MTB買う人はみなクロスに買い換える。ブレーキがよく聴く。上りも行ける。これ山の中をガンガン走ったら楽しい。サバンナとか。スキー場の広場で走る。

そういうことで楽しそう。CRでは負荷トレーニングにしかならない。

このチャリの長所(MTBの長所込み)

  1. どんな道でも、ドブ板でも動じない。
  2. 荒れた路面で意外と進む惰性のちから
  3. 激坂で立ち漕ぎが楽。
  4. 高トルク時に軽い走り。
  5. 舗装路面平地でママチャリよりも重たい走り
  6. 雪が降っても走れるグリップ(3気圧MAXのタイヤ)

以上から、いい活用法は、

  • 遅い人とでも運動になるサイクリング。=意外といいかも
  • コメ20kgとか、セメントを荷台をつけて運べる。=紐固定は危なすぎる
  • 雪の日でもサイクリング=これもいいかも。氷河期開始だから。
  • 山の中の車で行けないペンションに住んでいる人など

以前の所有者がどういうことで使っていたか?乗り方から見ると

  • タイヤやリムが擦り切れるほど乗っている。=長距離、舗装路面
  • シートポストのなかまで泥だらけ=泥?ダート?雨天時の路面
  • 意外と錆びていない。サスがキレイ=車庫が屋根付き
  • ぶつけたあとが結構ある=凹むほどじゃない。=雑多な駐輪場で倒れる
  • ワイヤが錆びていないが、アウターはいたんでいる。=乗り続けていた。
  • シフターが紫外線劣化している。=屋根はあるけど、屋外駐輪場、車庫
  • ワイヤーの終端部がほつれてボロボロで広がっている。=錆びすぎていて、自転車屋が中古部品を付け替えた。

以上のことから、通勤通学に使用していたと見てほぼ間違いない。

雨の日も乗っていただろうし、サスペンション内部に水が入っている可能性は否定できない。水抜き処理をやってみること。

しかし、カゴもないチャリで通勤通学ってどうやってやるんだろうか????

不思議だ。手ぶらでいいのはサラリーマンくらいで、通勤か?2013年頃から3年くらい、、、この一番やすいのを買うのって、、、不思議だ。

ただ、3年ていうのがミソで、高校生の就学期間と被ることがわかる。ズバリ言って、高校生の通学チャリといういことだろう。。

さらに、PALMOR2012の製品画像を見ると、リヤホイールとスプロケが違うようだ。

つまりは、タイヤが擦り切れ、リアホイールが使えない状態になっていたということだろう。リヤホールが使えない???って、スプロケがすり減っているのに、外れない!!!

以上、といったところだろう。

ということは、乗りっぱなし運用というやつを高校3年間の片道5km以内の距離を運転していたとおもう。

10km/日*5*4=

ゆとり世代?わからない。

ならば、

10km/日*6*4=96km/月となる。年間の休みの月は、2ヶ月+祝日で3ヶ月は無稼働。雨の日もさすがに、最近じゃ、傘差しもしてないだろうし、かっぱを着てまで乗るか?っていうと乗らない。だろう。

だと、雨の日が1-2ヶ月あって、実質7ヶ月だとして、

700km/年となり、3年で2100kmとなる。

これで、リアホイールがイカれるとかおかしすぎる。フロントはちゃんとしていた。結構いいつくりだ。ボスフリースプロケがはずれないのは、サビというより、体重でしまったかんじ。重さだろう。重たかったということだろう。坂道があったんだろう。

ならば、理解がいく。そして、2000kmでスプロケがすり減るとういことは、オイルなどささなかったはずだ。すると、チェーンはサビサビであるはずだ。そして、リヤがすべりだし、しだいにフロント滑る前だとわかる。

ならば、今ついているやけに分厚いサビが付いているものは、もとのものであるといえる。だとしたら、恐ろしく伸びていて、あっというまに今のスプロケが伸びる。しかし、新品チェーンにするとフロントが滑るかもしれない。そこはうちにジャンクが3つも転がっているので安心だ。あんな3枚クランク3つもあって嫌がらせだなというあれが使えるかも。

ならば、チェーンは交換必須だ。クランクから引っ張って伸び具合を確かめるとするか。。。

リヤホイールがルック車のものになっているだろう。ボスフリーでMTBなんてないだろうし、ダブルウォールではないということだろう。これはすり減っているから、やばいかもしれない。

じゃあ、これはやっちまったな。一部、GTの製品じゃないものを買ってしまったと、、、これはショックだ。

This post was last modified on October 23, 2018, 2:16 pm

bike

『クロスバイク普及委員会』

運営者情報お問い合わせ

All Rights Reserved.