Categories: 製品レビュー

GTのトリプルトライアングルのフレームの乗り心地は?これ意味あるのかな?

GTのトリプルトライアングルのフレームの乗り心地は?これ意味あるのかな?

と思います。この構造の威力は凄まじく、意味はありすぎでものすごく強くなっている気がします。ただ、意味があるのかなというのは、どういうふうにつかったらいいのかという疑問が解決しません。

GT PALOMARは街乗り用です。ハードな山はいけません。多少の荒れ地はいけるとおもいます。そして、フレームはハイテンスチールです。コストダウンのために鉄なのかと思いますが、鉄の特性は広く認められていて、鉄がいいという人も多くいます。クロモリフレームといいますが、クロモリでもない、ハイテンスチール、ただのハイテンじゃ、、といいますが、炭素鋼よりもさらに固くした高張力鋼というものになります。

これはあまりに硬すぎて、アルミよりも軽く作れるくらい薄く作ることができると言われています。炭素をはじめ、各成分を細かく管理して作られる製造技術が必要な鉄の合金です。

そう考えると、鉄もいいということです。クロムモリブデン鋼も同じくらい硬いのですが、表面の耐摩耗性が非常に高いため、BBシャフトやハブ軸などには好適です。あと、ステンレスほどではないにしろ、クロムの影響でサビにくさも多少あります。

以上のことから、塗装するフレームはハイテンでもクロモリでもいいわけであると思います。重くないですし、ほそくできますし、アルミに比べれば振動による劣化にも強いわけです。補足できる分、弾性が出て乗り心地が柔らかくなる、かわりに力が抜けるといいます。

しかし、どうでしょう。

これは良い使い方をすればいいですがいいか?というか、鉄、アルミであってもカーボンのように弾力性やしなりが必要だというのが一般的です。おかしなはなし、絶対に曲がって戻ってを繰り返しているものです。ビルの鉄骨だって地震で曲がります。バネを考えればいかに優れた特性かわかります。

GTのトリプルトライアングルはどれくらいの威力かといえば、ハイテンフレームであっても、トリプルトライアングルがあることで、アルミのガチガチのフレームと変わらなくらい、いや、それ以上に硬い剛性を有します。

とくに、サドル下の部分って乗るたびにたわんでは伸びてを繰り返していたんだな、、としんみり思いました。GTのトリプルトライアングルはハイテンスチールでも、サドルの突き上げがすごすぎます。2インチタイヤでさえ、石畳、段差、など、、アルミのクロス、ロードバイクでなんともなかったものがめちゃくちゃガツンガツン、きます。

この部分が一番力がかかるから、強化構造にしたんでしょうが、これはなんのため??

もともと、GTはBMX制作から始まっています。

そこからMTBでこの構造を採用したのですが、当時のMTBに必要なのは頑丈さだったとおもいます。BMXはまず、強度。鉄だろうが、重たかろうが、だいたい、トリックしてるあいだに、バラバラバラバラとフレームが分解してしまいます。

それや飛ぶたびにたわむフレームはいやなわけです。すると、MTBもジャンプしてもジャックナイフしても、フレムがたわむ感じがしないことが大事で、山道をがんがん下りまくって数年乗っても壊れない。

そういう構造でしょう。サスは近年のことですので、昔はリジッドでした。鉄でリジッドでガチガチだったんだと思います。サドルの突き上げが半端ないといっても、座ることがないのがDH。

ならば、いいわけです。

だから、たよりないサスがなければ鉄フォークでがんがん山を走っていい自転車なのかもしれません。

そしてわかったことが、

日本では自転車は歩道をはしるもの、

歩道は山道よりも険しい、小石の出っ張りが5cmおきに出てくる。大岩の段差が50mおきに登場する。石畳のような歩道には障害物競争のようにかんじます。

だから馬車です。馬車だと思えばなっとくです。馬に乗るのにどっかり座る人はいません。

フロントサスがあるとだいぶ緩和されます。が、後輪はモロです。ただ、前フォークが沈んで吸収してくれます。ほかのメーカーのはリジッド化してもいいですが、GTのトリプルトライアングルはちょっとやばいかたさかもしれません。

これの上位はアルミなのですが、アルミでこれ以上ガチガチだとどう住んだ?という気がします。

いろんないみで舗装路20kmくらいを乗るのが一番運動でいいかんじの自転車でした。

100km乗らずに住むので、時間とコストの節約になります。運動効果はたった5kmの激坂でも気絶しそうになるほどの運動になります。しばらくは立ちくらみと低血糖でくらくらすることもあるでしょう。いいと思います。けつがいたいので、立ち乗りが増えました。すごくいい運動です。

  • 段差でのサドルからの突き上げが激しいってことは、上への反発が激しいわけで、ジャンプするときにぶっ飛べる、ということでしょうか?
  • 多分、ダウンヒルではねて楽しいかも?
  • リジッドにしたらさらにはねて楽しいかも?

良く、サスのせいで、MTBが下り専用で、誰でもDHできる技もテクもいらない、しょうもないものになったといってリジッドにしている人がいるようです。そういうこだわりのマニアにいいのがトリプルトライアングルかもしれません。

This post was last modified on October 23, 2018, 2:20 pm

bike

『クロスバイク普及委員会』

運営者情報お問い合わせ

All Rights Reserved.