Categories: 製品レビュー

ヒートテックはサイクリングに夏も冬も暖かい、汗をかかない。レーヨンが入ってないモンベルの方が冬はいいらしい。ヒートサーモは?

ヒートテックはサイクリングに夏も冬も暖かい、汗をかかない。

最高だ。ヒートテック、ユニクロの商品ですが、たしかに凄い。別のヒートなんとかという他社製品を着てもさほど感じないが、これがいい。

ヒートテックは冬の洋服ですが、夏に着ると、汗をかかない、かつ、向かい風で風を通さないという最高にいい性質を持っています。

汗はかいてもすぐに吸収され、蒸発されるので、布地が濡れることもほとんどなく、あせをかいてないかのごとくですが、実はかいているようですので、水分補給だけは忘れずに。

これが凄い。一応、体感で水を飲んでサイクリングしていて、トイレに行きたくならないということは、汗が出てバランスを保っているわけですから、実は汗をかいているのです。

見えないので、水分補給は気をつけるべきです。

さて、しかし、凄いのは夏にヒートテックを着ても暑くないのです。

熱いのがヒート?しかし、なぜか、猛暑のような日差しが当たっているのにまるで汗1つかいていません。

これは、顔が出ていてそこの部分がヒートテックをかぶっていないので、暑ければ汗が垂れてくるはずです。吸収されないので。

しかしそれが一切ない。

まあ、乾燥するのもはやいですが。顔は塩だらけでした。

ただ、全然、暑くないんです。不思議な事に。ヒートテックを夏にサイクリングできると。

そして、風が吹くと、夏でも寒いんですが、ヒートテックはもちろん、寒くありm線。だから、凄い劣悪なサイクリング環境でも、涼しい顔して、空調効いた車内で優雅に過ごす高級住宅地の外車の婦人のように、かつ、原チャリよりも速く走り、運動できて、健康で病気知らず、、

まあ、どっちがいいか?っていったら、1000円程度のヒートテックシャツを買って、誰よりも気分よくなるんですから、これにまさるものなし。

サイクリングウェアは同じ性能を有する。どちらが上かは分かりませんが、値段が違う。

じつは、

レーヨンが入ってないモンベルの方が冬はいいらしい。

レーヨンがだめだっていう。汗を吸いきれずに保持してしまうから、すると、乾きづらい。

モンベルのは持っていないが、登山向きだそうです。

うちにはユニクロのポリ100%があるが前から海に入るのに来ていても凄くいい。不思議だなとおもい、これをサイクリングにも来ましたが、ただ、汗を数値からが弱く、垂れてきます。

そして、暖かい感じはあまりしません。ただ、ユニフォームを着ているだけという感じです。ざらつきます。

登山は大事で、汗は吸ったらいけない。冬山は。

ですが、ヒートテックは発熱する。

ほんとかな???

と思うんですが、昼間サイクリングして汗だくになったヒートテックがまだ濡れているのを我慢してLDKで冷房が付いてる中、PCやってみました。

ヒートテックが濡れているのは、着ていない部分から、顔、首から垂れて流れ落ちたものが走り終えたあとに一気に染みこんだ感じです。

どんだけ、高性能なんでしょうえん。

LDKは、普段は、どれだけ厚着しても、靴下冬物履いても寒くて無理。それが、、、、

熱くて熱くて、脱いでしまいました。

ついでに、熱くてヒート1枚になりました。

それでも汗が止まりません。おかしいのか???

でも、あせかいてるのは、着ていない露出、出ている部分だけ。

気持ち悪いくらいですね。

ネットで調べていると、サイクリングで寒いというのをみな気にしていて、筋肉が固くなるのを恐れていてそれで悩まされているんだとわかりました。レーパンだけじゃなく、ママチャリだろうが、オフィスワークだろうが、いつでも汗はかきます。寒いです。強風10mなんて普通です。

とにかく、いつでも夏でも寒いんです。そんな自分をすくったのがヒートテックです。

ヒートサーモは、トーレのほうから出てますが、こちらはあまりあつくないです。

たぶん、雪山だと、モンベルのレーヨン無しのほうが、いいんでしょう。

ですが、そうじゃない場合はいいみたいですよ。

This post was last modified on September 12, 2016, 11:13 pm

bike

『クロスバイク普及委員会』

運営者情報お問い合わせ