自転車整備すると、疲労する。体が痛い。こういう人は仕事で自転車整備士にはなれない?

自転車整備すると、疲労する。体が痛い。こういう人は仕事で自転車整備士にはなれない?

まあ、なることなんて考えもしない、あんなちゃちい構造物に体むき出しで道路をクルマと一緒にノンヘルで、鈍足なぶよぶよの足で走行しろって言うんだから、実質、歩行者を車にひかせるようなもんだ。

それでいて、ワイヤー1本切れただけで下り坂が狂気のコースとなり、半分以上の確率で衝突し、、ほぼ大怪我する。

こんなものを責任取れとか言われるのかとおもうと、それだけでいやだ。かつ単価が安い、メンテがやりづらすぎる構造。これにおいて、一切やる必要はなく、自転車は今後、修理するもんじゃなくなる。

間違いない。部品も古い自転車から取り外したものを使うしかなくなる。ヤフオクを使うしか無いのかもしれない。

ママちゃりだと、かなり苦戦する。

  1. 狭い場所で自転車整備すると、すごく疲れる。
  2. 工具を分類して、3秒以内に目的のものが取れるように配置する。
  3. 使った工具を仮置きする場所を作る。
  4. 外した部品を入れておくトレーを用意する。
  5. ゴムマットのようなものを床にしく。
  6. 手袋、メガネ
  7. 照明
  8. メンテ用のスタンド
  9. 全てのグリス、油、工具、消耗品をストックしておく。
  10. 次の日は、くたくた。作業は2時間以内に終わらせること。

工具は100以上は余裕で超える。自転車って異常に工具が多すぎる。ロードバイクは最小限で済む。

コレだけやっても、翌日は原因不明のもうれつな肩の激痛で目が覚める。そして、起きれない。これじゃ、やばい。シャワーを浴びて、体を回復させる。こういう負荷を与えて何日で回復できるか?3日と決まっている。どうやっても変わらず。

ただ、ボロボロで他の作業をこなすためには、力を使わずに疲れずに作業をおこなうテクを覚える。じゃないと、倒れる。

楽に作業をこなす方法を身につけることが、極意なり。

This post was last modified on October 23, 2018, 1:55 pm

bike

『クロスバイク普及委員会』

運営者情報お問い合わせ

All Rights Reserved.