自転車をたくさん持つこと、メリット、デメリットは?

数種類の自転車を乗る楽しみは、走りの違いを体感することかもしれない。

他のチャリはこうだけど、このチャリはこうだというふうに、違う感じを体感しながら乗るのがいいだろう。同じ道を走ることがほとんどである。人生のうちほとんど同じ道を歩いて、チャリでも同じ道を走るしかないだろう。

すると、自動的に毎日に変化をつけたくなるというのか、そういう通勤でも、ちょっとした違いを感じられると楽しいのだろう。靴を毎日変えてみる、靴底、ゲル素材、革素材、鉄板入り、バネ入り、、、

それで走りの違いを感じることができれば通勤電車もたのしくなるだろう。

だがむりだ。

自転車が3種類持っていても、どれが一番、速いかは決まってしまう。しかし、これはここがいい。ここが悪いけど、これだけは他よりいいということだろう。

ただ、いいところが1つもないチャリは使われない。

そこが重要だろう。いいところがあることが大事。足が速い物も入るが、遅いものにもいいことがある。それがママチャリ、クロス、ロード、MTB、、と違うわけだろう。

それぞれが、得意な分野を伸ばして、鋭く尖らしていくと、ママチャリだってロードバイクが一目おくような存在になる。これは人生も同じ。

そう、自分が得意なことを伸ばして、とがらせるんだ。なんでもできるようになろうなんて思うな。1つでいいから、それを磨き続けるんだ。そう思う。。

なんて、、

しかし、洗練されたママチャリは、インター3内装3段ギアでも、120RPMで踏んでいて、足を緩めると、ロードホイール然り「シャーーーーーーー」という音がするが、そのすぐあとに別の「シャーーーーーーーーーーーーーーー」という明らかに大きい、本物のロードの音が聞こえてとっさに左に寄って道を開けたら、走って抜いていった。後ろに居たのか???ママチャリの後ろについていたのか???

どうみたって、内装3段ママチャリにそんなに必死についてきていた、ロードに親しみを覚えつつ、やはり、ママチャリだからって馬鹿にしてるわけじゃないんだ。人はそういうんで見てないんだよ。ちゃんと本質を見て判断してるんだよ。決して、君の表っつらだけで判断してるわけじゃない。中身で決めているんだよ。って思う。

それでだめだっていわれると、ほんとに落ち込むんだが。。。

そうじゃない。ちゃんとしてれば、自分の弱みでも評価されるよっていうことだった。

そう、ママチャリはそれで後ろカゴがつけられて、10kgの買い物荷物を積んでいる状態だった。

だとしたら、それは価値がある。電動アシストなんて激坂じゃないかぎりは遅い存在だ。

じゃあ、クロスのメリットは?

やはり、ロードよりかるくはやくはしり、フラットバーの安定性だろう。

MTBは?ダートをものともしない。ジャンプするとか。

さて、

複数台自転車を持つデメリットは、

メンテ工数が複数倍かかる。

場所が必要。

乗る暇が必要。

である。

暇は毎日の通勤で使えばいい、といっても、シールが必要な悪癖がある駐輪場では無意味だ。

はやく、パス化すればいいのだが。

また、尖らせるのが結構大変。

ママチャリをラチェットでシャーーといわせて高速キープできるようにするには、それなりに調整が必要で。これがクロスの数倍大変。

クロスはロードホイールつければ完成。

This post was last modified on June 8, 2018, 7:23 pm

bike

『クロスバイク普及委員会』

運営者情報お問い合わせ

All Rights Reserved.