Categories: もろもろ

自転車のパーツ買うのは面倒くさい、疲れる!

自転車のパーツ買うのは面倒くさい、疲れる!

今回、店にたのむ人の気持ちがわかった。よく、おっさんがロードバイクでコケてカーボンがぶつかったから、お店に見てもらってお金取られて、心配だから超音波検査する?お金かかるけど?って聞かれて、心配なら交換する?って聞かれて、交換なら、?万。あれ、これ少し形が同じじゃないから乗りにくくなるよって言われて、同じやつだとさらに1万高いけどこれだ。っていわれて、不安じゃ嫌でしょ?みたいになり、ちょっと、ぶつけただけで、5万以上も銭を失うらしい。

これがよくあるお金持ちのおっさんのロードバイク人生。バイク(エンジンつきのほう)だと、ショップに嫌われないために、何万も高いお金を払う、払わないものは相手にされない、というおかしなことになっていることもある。

カネがないから、いくら?って聞いただけでやめるけど、フォーク交換で工賃5000円も取るとこもあるようだ。しかも、パーツも買うのにだ。おかしな話だな、金が金をうみかねを投げ捨てる。

おっさんもそれほど金持ちじゃないからローンとか組んでまで、さびれた片田舎へせっせと汗をかきにいく。

そして、エコと言いつつ金が車以上にかかる、家族にメリットがないから、家庭内不和隣、将来が不安定な老後となるのは間違いない。だから、速いチャリなんかやめろってこと。高いちゃりもやめろってこと。

フォークに5万とか払うなら、壊れたカーボンのフォークでA5ランクの肉でも食わせてやれ。そう願ってやまない。

さて、なんだったか?オク、アマゾン、、その他媒体から、安いの選んでオクで注文したら、注文じゃないから、面倒な挨拶文まで書くようなこと、で、まあ、疲れた。翌日も、ガチガチだ。こんな調べるのに、数時間、そして、買うのに数時間、翌日も半日疲れたまま、これじゃ、店で買ってもらったほうがいい。

だが、チャリやはいう、リジッドフォークなんか売れない。在庫しない。カーボンなんて、、、2万+工賃だが、アルミ、鉄なら1万だが、、売れない、売れない、、、っていう。

そりゃ、MTBはサスが縮む長さだけ10cmくらい高い位置に普段あるわけで、あれが、普通の設計をしているから、10cmも下げたら大変なことになる。サスの伸びたときのリジッドなんてそうはない。マニアックなチャリ屋だって普通のフォークだろう。あっても高すぎてこれじゃうれない。

見た目も確実に落ちる。ゴツさがかっこよさであり、サスは見た目がいい。

それが、地味なリジッドにしたら、クロスバイクっていうんだろう。

パーツ注文、

いつも思うけど、買うのがだるいから、一番楽なアマゾンを使う。パーツなんて値段が全て。整然と並び見やすい。アマゾンがいいというか、最後、楽天とアマゾンで微妙にアマゾンが安い。それだけだ。競争してるわけだろう。アマゾンはプライムだから自由に価格決定でき、楽天は個別商店だから、即時性がない。。こええな、アマゾンロジック。当然、自動だろう。

安値、保証とかいう電気屋よりこええ。

素早い。簡単。

オクはきえるのかな?

必要ではある、パソコンとか古いの欲しいし、

でも、中古の業者が売ったらいい。通販で。

オクは疲れるんだな。楽オクも終了を決めて、オクの時代はおわりか?中国はアリババ、

アメリカも未だにebayがある。景気が悪いとオクがダメなんだろう。服を売るとかいって、意味が違う。

それやら怪しいものしか売れない。

しかし、あるとすれば、チャリパーツを買うなら、

楽したいならチャリ屋の通販がある。いいなと思った。フォークカット、スターファングルナットを圧入とか、パーツも買って、作業して送ってください、って1注文でできたらいい。

食品はできていて、コーヒー豆、焙煎は浅煎りで、中挽きで、って選択できる。競争激化の食品だからだろう。

ここにチャリ屋のビジネスがあるとおもう。フォーク変えたい、じゃあ、通販で、ハイって、かんたんお手軽セットを送ってあげるという、これいいとおもう。

This post was last modified on October 18, 2016, 11:36 am

bike

『クロスバイク普及委員会』

運営者情報お問い合わせ