Categories: もろもろ

内装三段ギアの故障、グリスアップじゃなおらない。ベール ベアリングの交換、向き

内装三段ギアの故障、グリスアップじゃなおらない。ベール ベアリングの交換、向き

二度に渡る、分解組み立てで疲労困憊ですが、さらに組付けミス。

一度目はうまく言ったかと思いきや、3速でペダルを逆回転させると、バキバキオトがする。

そして、今回、完全にぶっ壊れていることを確認、

シフトの棒を3速まで押し込むと、その棒が空回りさせたときに、奥からぶつかって押し返されている模様。

アスクルシャフトの中身と、もう、だめだ、気力が壊れた。

ただの分解という遊びになった。これで、せっかくのジャンク復活チャリがお飾りとなった。

注意

  1. ベールタイプのベアリングの向きを間違えないこと
  2. ベールからボールが取れたりしたら、もう削れてしまっているから交換必須
  3. ギア変更用のアスクルがガタガタ振動してバリバリ音がする。
  4. よくわかんないときは、全取替しかない。4500円くらいする。中身だけで。もうやるきがない。

というわけで、ベールベアリングは買えばいいし、また、分解して向きを直せば治るだが、なぜ??

3速がだめになった。分解しただけなのに。

ほんとうにわけわからない。これが地獄か。

余計な欲出して、高速とかしなければ今でも乗れていたはずなのに。。。もったいない。。。もう、、、せっっかくのちゃりをダメにした。

まだ、インター3のジャンクが転がっているから、また、体力が回復したらやろうとおもう。だが、

もう今回はいいや。置物だ。

これが目的だし。

それでいい。

さすがに、連続して、ハブ分解を繰り返すと、組み付け方が理解できる。そもそも、ママちゃりの分解なんて、かんたんって、慣れた人は言うが、相当大変。

タイヤとチェーンを外す順番、チェーン引きをいつ緩めて、、、、もうパニックです。

もう限界、つかれた。

豆乳が肺に入り、吹き出しパソコンに全部かかった。さすがに、ダメすぎるので、終了としよう。

さて、もし修理するなら、

  1. ベール ベアリングが向きが1つ反対になっている。
  2. 2つとも、ボールが外れるので交換
  3. 3速で、ペダルを反対回転させると、シフトの棒がバリバリ押される。
  4. 取替えだが、シェルに組み込まれている方のベアリングは外れるのか?
  5. 遊星ギヤはシャーシグリスで、他はリチウムグリスがいい。
  6. 分解組み立てしただけでなぜ、3速が壊れたのか??不明。また、組み直しで治るような気もする。ベールを取り替えたら治るような気もする。
  7. シフトの棒が前のようにオクまでしっかり入らなくなった。でも、3速には変わる。
  8. ワッシャーが入らなくなった。シャフトの歯車固定位置がずれたのかも。それを直せば治るようなきがする。じゃっかん、ガタがあったが。。。ただ、そのガタは他のにもあるのが正常なのかないのか?は、他のを見てみないと分からない。
  9. とりあえずは、このままやらなくてもいい。今回の無意味な作業はなんのため?練習ということだろう。いずれ、ベール交換でシャフト位置ずれたりして、、、っていうときのトラブルのための練習か??
  10. 予備のチャリなんてあってから出来たわけで、普通はこんなことできない。1つの休みで完成させないといけないなら、次に乗れない。

This post was last modified on July 24, 2017, 2:26 pm

bike

『クロスバイク普及委員会』

運営者情報お問い合わせ