ママチャリでサイクリングするのに必要なもの

ママチャリでサイクリングするのに必要なもの

img_2200

人がママチャリで片道9kmの自転車サイクリングをするというとき、どうすればいいのか?と考えることがありました。

 

毎日2kmくらいは通勤で使っているのに、それを子供乗せ自転車でどうやったら9kmの道のりを安全に乗って帰れるか?電動アシストなしのリアルなママチャリです。

 

 

さて、必要なものはざっといかに挙げられます。

 

  • 保険=賠償責任保険入ってるでしょう。手順だけ、だいたい、チャリがこすれて警察呼ぶほどヒマじゃないけどそれが必要なの?ってなる。人身じゃなければ大した事ない。普通の責任賠償保険とかはまあ想定し得ないときにつかうんだから、なんとかしほしい。
  • パンクしないタイヤ
  • 軽いペダル
  • 強いブレーキ
  • 完璧なる調整
  • チェーンオイル
  • 強力なライト=Q5 LED以上は必要です。このバッテリー使うと480ルーメンと言われているが、リチウムイオンバッテリーの偽物が多すぎて困る。保護回路があるなしどうなの????ということ
  • 完璧な道順、道路状況の事前把握

 

これだけ、かんたんじゃん。って思いますよね。

すごく大変です。

パンクなどは基本、ママチャリの場合はサイクリング終了!ってなります。

 

ここがスポチャリとの違いです。

では、根本的に何が違うのか?駅まで通勤とサイクリングは??

 

  • 距離が長い
  • 町中にチャリ屋がない
  • トイレもない
  • 街頭がない。
  • 冬は日が暮れるのが速い

 

 

これが大きな違いです。逆に、クロスだといい、ロードだといいMTBだとだめとか

 

関係ありません。

 

とにかく、上記だけをクリアすればなんでもいけます。

 

一番、問題があるのは

 

  • ライト
  • ブレーキ

でしょう。

 

電動ならばブレーキも強く、ライトもリチウムイオンバッテリーが無限にあるのでいいでしょう。でも足りないです。

 

すると、

 

  • ライトはQ5LEDからT6レベル必須
  • 前ブレーキはテクトロ必須

 

以上となります。

 

これをかんたんに実現できるかっていうと、1割くらいの自分でやるって思う人はできるはずですが、その他の全体の9割の人はできません。=つまり、ママチャリでサイクリングしてる人って、超レアっていうぐらいにいません。

 

 

日が暮れる前に帰るとかいって無理!

 

急ぐと危ない!

 

ロードで流しているひとは数分単位でわかるでしょうが、いきなりママチャリサイクリング初めての人ができるはずがありません。

 

困りました。っていうか、一度は中断しました。

 

では、ステップを追ってやっていきましょう。

 

 




あわせて読みたい!

投稿日:2016年11月1日 更新日:

執筆者: